FC2ブログ

最近のこと 本の話1

前回も書きましたが
ネトゲもツイッターもやめてみたんです
復帰しましたけど(


実質2週間くらいはやめてたかな
その間本読んだりしてたと書きましたけど
正直な話夜がとてつもなく長かった

ネトゲしてない時って何してたっけかな?なんて考えたんですけどね
わりとね、結構思い返してみて衝撃だったのが

ネトゲはじめる前の私
そんなことする暇なんてちっともないほど多忙だった
ということを思い出したのですよ

学生の頃は 学校とバイトと遊びと・・・で毎日忙しく家には寝るために帰るだけだったし
仕事を始めたばかりの頃は職場に15~6時間滞在してるのが普通で家には寝に帰る(ry
休みは月に4日から多い時で6日くらい
それも8割は仕事がらみの勉強会に出席、1割は友達と遊んで残りの1割は彼ぴとデート
数ヶ月に一度やってくる完全フリーの日は死んだように寝てたなとw
まあそんな時も母親に「ダラダラしてて役立たず」なんて小言いわれたので精神的には休めてなかったよね
その後少し仕事が落ち着いた頃には私にとっての最悪な時代がやってきてここで語りたくもないし
それが過ぎた頃は父親が末期ガンで看病する日々だったし
そのあと、落ち着いたので土地を買い、家を建て、店を出して独立
商売が軌道にのるまではとがむしゃらに働いた結果、元々ボロかった身体が限界を迎え入院
そのときに、少しペースダウンしないと死んでしまうかもしれないと思って
家で出来る気楽な娯楽はないものかと手を出したのがネトゲだった

つまりですね
今の生活パターンになってからはずっとネトゲやってるわけですよw
これじゃ何をしたらいいのかわからなくなるのも当然かと(゚Д゚)

なんとなくボーっとする時間があったりするとろくでもないこと考えてたり
元々ネガティブマンなので思考が泥沼化してましたね…
もう少し、忙しい毎日送れるようになればいいかなー?
考えたり立ち止まったりする時間なんて私には無駄なだけなのかもね


さてそんな事より
明日は映画を観にいく予定なので、その前に最近読んだ本の感想を
読んだ直後に書いた感想なので
今とはまた精神状態が違うなと読み返して思ったりするのですw





2017.11.10(金)
東野圭吾「秘密」読了しました


東野圭吾が好きだ。
そんな事を言うと(また…ミーハーだな…)
なんて思われそうですが まあその通りなのでよしとします

そもそも私は活字が苦手で
漢字の読み書きは非常に不得意ですし
本を読んで作者の気持ちを考えるくらいなら
ドップラー効果の計算でもしてたほうがいい
そんなやつです
なのであまり本は読まないのですが
最近は時間もできたことだし…ということで少しずつ読み始めています

東野圭吾の作品で初めて読んだのは「白夜行」
結構な話題作だったし、ドラマ化なんかもされてましたね

何年か前に、薬との相性を見たいので4日間入院してください
などと言われ入院することになり
4日程度なら長編小説でも持ち込めば暇な時間も潰せるなー
なんて思って持っていったのが「白夜行」でした
単行本でしたがかなりの厚さがあり、本を読むのが苦手な私なら
4日間で読みきれるのかどうかすら怪しいぞ?という思いで持って行った気がします
結果的に一日で読み終えてしまったんですけどね。
また今度読み返してみようかな…


そんな感じで、今回は「秘密」です
98年の作品、実に20年近く前の作品ですね
これもかなり話題になり、大ベストセラーになりました
当時19歳の広末涼子が主演で映画化もされましたね
その頃の私はとにかく毎日忙しく、映画もテレビも観る時間がない日々だったので
内容についてはなんとなく聞きかじった程度で、映画のほうも観ていません

で、今回読み終わって
なんとも言えない哀しみと寂しさに襲われていますね…
「秘密」という題名を、最初は母娘の心と身体が入れ替わってしまったこと
そのことを世間に隠して生活していることが「秘密」なのかと思っていましたが
最後の数頁…そこで初めて読者は本当の意味での「秘密」を知る事になる
父親であり、夫である平介の気持ちなど推し量ることも出来ません
ずっと夫婦の関係を綴り続けていくお話なのですが
心と身体が入れ替わるという、いわば語られつくされた題材のような気もしますが
それによって起こる色々な弊害などを日常のエピソードに盛り込んで
夫婦としての関係の微妙なすれ違いや、お互いの心の動きなど
繊細に描かれていたのがとても印象的

さらにそこに、この物語の発端となるバス事故の
「被害者と加害者」そしてそれを取り巻く人たちの関係
本当に東野圭吾という人は人の心の機微というのを書くのがうまいなと
あらゆる立場の人の思いを書き抜くというのはすごいことだと思うのです
この人は人生何回目なんでしょうねぇ…
スポンサーサイト
映画のこと2 | Home | 最近のこと 映画の話1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する