FC2ブログ

漆黒じゃあああ!!

どうもこんにちはこんばんは まーつんです

ついに
漆黒のヴィランズ発売日ですね
アーリーで少しだけ先にやらせてもらっていますが
いまだにレベル72とかそのあたりをうろうろしている状態

なにしろ
景色はきれいだし

ストーリーは面白いし

駆け足で過ぎてしまうにはあまりにももったいなくて
のんびりとじっくりと噛み締めてプレイしています
疲れてくると頭に入らなくなるので、プレイ時間も短めです


ffxiv_20190628_185001_167.png
そんなわけで 第1世界にやってきました

降り立って、ちょっとした会話イベントのあとは

ffxiv_20190628_185240_447.png
とりあえずSS撮影です


第1世界は「光の氾濫」によって滅ぼされようとしています
そのせいで夜でも闇が訪れることなく、常に明るいのです

グルポが捗ります

と言っても、わたしは夜の撮影も好きなので、なんともいえませんね


そんなこんなで、降り立った場所の近くにある街
クリスタリウムを目指します
入り口で不審者扱いされましたが

ffxiv_20190628_185757_830.png
ヒカセンを第1世界に召喚したご本人登場


ffxiv_20190628_190209_667.png
無事にクリスタリウムに迎え入れてもらいました




話を聞いたところ
どうやらあのクリスタルタワーにはグラハはいなかったようなので
原初世界のクリスタルタワーではないみたいですね・・・
水晶公がグラハなのではないかと予想していたので
なんだかちょっとがっかりちゃんです


そして他の暁メンバーもきちんとこっちで暮らしている模様
水晶公が言うには
「ヒカセンだけ召喚したかったけど
どうもうまくいかなくて
ヒカセンの近くにいる存在を間違って召喚した」
(意訳)

ってことで
他の暁メンバーは間違えて召喚されたらしいですよ

ffxiv_20190628_192610_717.png
間違えてつれてこられた上に真っ裸見られるとか
どんな羞恥プレイなんでしょう




その後、部屋を用意するから休むといいと言われ
用意された部屋に行ったら

ffxiv_20190628_194011_803.png
亡霊のような姿になったヤミセン登場

キャー(*‘ω‘*)ヤミセンーーーー!!!(*‘ω‘*)

どうしてそんな姿になっているかという話を聞いて
えぇ・・・ となってしまい すでにちょっと泣きそうな私

わたし がんばる(単純)


で、アルフィノとアリゼーの居場所を教えてもらい
どっちからでもいいけど二人に会いに行きなよといわれ

先にアリゼーに会いに行くことにしました

正直この選択は間違いだった気がする





ffxiv_20190628_200011_843.png

そんなわけでやってきました「アム・アレーン」
この場所は、今の第1世界で人が生きていける場所の限界地
罪喰いとの戦いの最前線でもあります

いくつかのおつかいクエストをこなして

ffxiv_20190628_204330_703.png
ツンデレアリゼーちゃんと合流

罪喰いとは何なのかということを知ることになります
細かい説明は省きますが、そこらにいる罪喰いは
光の力により変異させられたどこかの誰かということ
そしてアリゼーが身を寄せているのは
その光の力により罪喰いに変異してしまう運命になってしまった人たちを保護している場所
完全に罪食いになってしまう前に人として死ねるようにしてあげる場所
というなんとも重い役割を担っているところなんですね


そこでかいがいしく働く女性
ffxiv_20190628_210553_920.png
テスリーンちゃん

めっちゃいい子なんですよこれが
ここに来たのも、罪喰いになってしまう母親を連れてきたとのこと
その母親はすでに亡くなっているのですが
母親が罪喰いにならずに 人として看取れてよかったと
だからそのためのお手伝いをしたいと
なんとも本当にいい子でしてね これはファンができるだろうねと思ってました


なのに

ffxiv_20190628_211521_483.png

テスリーンちゃん・・・

上位の罪喰いに襲われてしまいます
上位の罪喰いは、他の生き物をその場で罪喰いに変異させる力を持っています

つまり
テスリーンはその場で罪喰いに変異させられてしまったのです

その瞬間の

「えぇ・・・(絶句)」

ぽん氏「えぇ・・・(絶句)」

テスリーンを気に入り始めていたというのもありますが
罪喰いに変異する描写がそれなりに衝撃で
口にこそ出しませんでしたが、ちょっと引きずっていました


これ、きっと・・・後々敵キャラとしてテスリーン出てくるフラグやんけ・・・(泣





重い気持ちを引きずったまま、クリスタリウムにアリゼーと一緒に戻って
次はアルフィノに会いに行くことに

アルフィノはコルシア島という場所にいて
現状、政治経済の中心地となっているユールモアがある場所です

ここでもそれなりにその場所のいろいろなエピソードが綴られましたが
テスリーンショックが続いていたため
あまりSS撮ってませんでした ごめんねアルフィノ
こっちから先に来てればよかったなと 軽く後悔しました


まあとりあえず
ffxiv_20190628_223912_500.png
ユールモア
虚像の楽園って感じですね
この街も ものすごい問題があるのですが
人は追い詰められたら現実逃避したくなるものなんだなと思いました






あれこれと色々あって、アルフィノ・アリゼーと合流してクリスタリウムへ
近くの町が罪喰いの大群に襲われているとの情報で、討伐に向かいます


が、そのクエストをやっている途中で
ぽん氏が「K-1の試合みたいからちょっと待って」とのことで
ただ待ってるのも暇なのでSS撮ってました

ffxiv_20190630_204315_170.png
フィールドもきれいねー(*‘ω‘*)


そしてここで漆黒エリア初めてのID「殺戮郷村 ホルミンスター」が解放されます
ラスボスは大罪喰い:フィリア
ffxiv_20190630_211929_057.png

数体いる大罪喰いの1体で
この大罪喰いに取り巻きのようにいるのが他の罪喰い
つまり大罪喰いを討伐すれば罪喰いの数を減らせるし
そいつがいたエリア一帯に夜の闇を取り戻すことができるのですが
普通に倒しただけだと、その大罪喰いの体から大量の光が放出され
そばにいる生き物に憑依してそれがまた新たな大罪喰いになる
なのでいつまでも討伐できないという悪循環なのです

そこで!重要なのが
「光の加護」をもつヒカセンの存在
この力があることで、大罪喰いの体から放出される光の力を相殺できる
ってことで水晶公がヒカセンを呼び寄せたのですねー

よくできたお話だ(かんしん)


そしてこのIDの2ボスで
罪喰いになってしまったテスリーンが出て来るんですよ・・・
やっぱりか・・・っていう気持ちと
え?こんな形で出ちゃうの?もっとこう・・・クエスト的なのかと思ってた
という気持ちと両方ありましたねw
クエストで出てきたりしたらそれはそれで心えぐられそうなので
このくらいでよかったかなw


このあともクエストを進めていますが
これ以上は長くなりすぎるし、私もまとめるの疲れてきたのでこれくらいで(*‘ω‘*)
まだまだ続くストーリー
とても楽しみです
スポンサーサイト



テーマ: FINAL FANTASY XIV | ジャンル: オンラインゲーム
漆黒じゃあああ!!2 | Home | すべりこみ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する